Activity > ソリューション事業 > eSCOFI   
eSCOFI(エスコフィ)
次世代ローンソリューション「eSCOFI」(概要)

 システム全体概要
・金融機関業務の合理性及び新商品開発での拡張性を見据えたコンポーネント構造を提供      eSCOFIのフレームワークには顧客管理コンポーネント、預金システムコンポーネント(流動性
     預金)、ローンシステムコンポーネント、事務管理コンポーネントが装備されています。
     全コンポーネントの組合せにより勘定系システムを構成することが可能です。
     また、預金業務のみ使用又は融資管理業務のみ使用するなどの各コンポーネントを単独で
     利用する事も可能です。
       - 最適化さてたコンポーネント構造によりビジネス/プロセスの可視化を増強させます。
       - 導入時及び新商品開発時の効率性と生産性を飛躍的に向上させます。
・フロントはJAVAベースでピュアなWEB対応
     パッケージのクライアント処理はJAVA言語にて開発されたWeb画面で構成されており、通常の
     パソコン環境での接続が可能です。
 ローンシステム
1.対象業務
特定のハードウエアに依存しないスタンダードなOPEN環境で、リテールやホールセールを含めた融資管理業務の、 申込処理から完済処理まで、勘定取引を含めた広範な融資管理業務をサポートするパッケージ・ソフトウェアです。 複雑できめ細かい業務処理の上に、絶対的に信頼性・安定性が要求される金融機関様における融資管理業務の勘定処理全般を、 パラメータドリブン方式、機能別モジュール化等の先進的な開発コンセプトをベースに 開発されており、短期間且つ高品質で ローン・システムの構築が可能です。
また、革新的なパッケージ設計、アーキテクチャーから、導入後の維持・保守作業も大幅に省力化を実現、導入先様からも好評いただいております。


2.申し込み〜完済、一部・全部の繰上返済など融資管理業務のライフサイクルの全てをカバー
     ローン申込みから承認、実行、返済、返済完了までの一連の処理や一部・全額繰上返済に対応
     しています。また、実行後の各種返済条件変更や元帳分割等に対応済みです。
     また、正常債権管理のみならず、債権の延滞管理、期限の利益の喪失処理から代位弁済などを
     経て、最終的に償却に至る一連の処理に必要な債権管理機能も標準で装備しております。
     金融機関様毎に異なる融資稟議支援・審査システムをご使用の場合も、審査完了段階において
     本システムとの連携が可能です。(連携実績あり。)

3.多様なローン商品に自由・柔軟に対応できる機能を提供
     固定・変動金利は勿論のこと、上限つきの変動金利の適用、返済では約定返済をベースに1円か
     らでも自由・自動繰上げ返済に対応、また各種優遇金利、提携ローンなどが標準装備のパラメー      タで設計・適用が可能です。

4.大量データ一括処理機能の提供
預金口座からの大量の返済処理、固定から変動などの金利変更処理、各種条件変更処理など
を事前予約、一括で処理するためにセンターカット機能を標準で装備しております。
また、センターカット処理の運用をサポートする各種付随機能を実装しており、本番運用業務の利便性を高めております。

5.豊富な付随業務機能の提供
     新商品設計時におけるシミュレーション、借入・借換時の返済計画策定時のシミュレーション、実
     行後の融資条件変更、繰上返済におけるシミュレーションなど、豊富なシミュレーション機能を提
     供することで、多様なローン業務のニーズに対応します。

6.インターネットバンキングへの展開の容易性
各種諸条件の変更や返済シミュレーション機能等の処理は、対顧向けインターネットバンキング業務に開放することができます。ビジネスロジックの修正は原則不要です。

7.レポーティング支援機能の提供
承認印字、各種申込書及び契約書、返済予定表、各種返済予定表、各種証明書(利息・残高等)等のオンライン帳票出力を実現し、Reportingを支援しています。

8.他システムインターフェース用データマートの提供      
ローンシステムと一般的に接続が想定される外部システムとのI/F部分について、想定されるデータマートをテンプレートとして標準装備しておりますので、既存システムや外部システムとの接続処理を低コスト、短期間で構築可能です。

9.法人ローン機能の提供(*Option機能)  
従来の住宅ローン機能などリテール向けの証書貸付機能に加え、利息先取り、利息片端入計算、都度連動型金利方式などの法人向け、及び個人事業者向けの機能を追加、リリースしております。
これにより、証書貸付のローン業務においては、個人リテール向け機能をベースとして法人向けローン業務もサポートできるようになりました。

10..極度ローン機能の提供(*Option機能)  
上記の機能をベースに当座貸越機能(貸越専用カードローン機能)を実現します。
当座貸越極度以内で、任意の借入、返済を可能とし、極度額または残高に応じた貸越利率設定を行うことができます。
また、利息徴求についても、定例返済方式での徴求の他に、貸越元金に繰り入れる元加方式も選択できる等、カードローンの取引機能を網羅しています。

11..業務機能エンハンス構想
今後の業務機能エンハンス項目として下記を検討しております。
      ・法人機能の強化