Activity > FinTech推進   
 長年、勘定系ソリューション展開で培って来たIT知見をベースに下記のような新たなビジネスモデルについて業務ソリューションと共に金融機関様に提供させて頂きます。
次世代ローンパッケージ 「eSCOFI」 を除いては日本では初物ですが、海外では成功事例があり、弊社にて適宜知財権を確保した上で、採用に向けて海外事例調査やビジネスモデルのコンサルティング、システム構築、運用に至るまで全力で取り組んで参ります。
次世代ローンパッケージ 「eSCOFI」
   国内での長年に亘る稼働実績からローン業務の債権管理機能に関して自信を持ってお勧め出来るパッケージソフトウェアです。 既存勘定系の軽量化や新商品・新サービス対応が必要な時にクラウド等で低コスト、短期間で 導入出来ます。例えば、高齢化社会を迎えてのFinancial Gerontorogyを考慮した超長期ローン(ex.50年)商品に簡単に対応、 P2Pレンディングやトランザクションレンディング等新たな形態の債権管理用として多様な機能を高品質で提供致します。
   海外事例では、銀行とP2Pレンディング会社が提携し、新たな収益源確保と金融利便性向上を実現する ケースも出て来ております。パッケージ概要はこちらをご覧ください。
ゲーム型金融取引  「eSCOFI-UX」
   金融取引の取引画面に各種キャラクターや音声、SNS等を活用し、口座状況や取引イベントに応じて、キャラクターの形状や動作の変化、音声等で反応させることで、金融取引をより楽しくすることが出来ます。
   従来の単調な金融取引をビジュアル化、ゲーム性を加味することで、新規顧客の開拓及び金融商品・サービスの販売促進による競争力向上に貢献出来るものと確信しております。

- 活用例(1) -
- 活用例(2) -
次世代勘定系ソリューション   「eSCOFI-ATLAS」
   先進性・柔軟性・拡張性の高い国際勘定系ソリューションをベースに、昨今必要とされる仮想支店等新サービス・新商品を低コスト、短期間で構築することが出来ます。サブ勘定系や仮想支店構築、仮想通貨管理システム等の新たなニーズに対して、PCサーバー等を用いた小規模・廉価なシステムを迅速に構築し、ビジネスの成長に応じて徐々にシステム規模を拡張して行く戦略に適しております。
   当ソリューションの概要についてはこちら をご参考ください。
- 仮想支店への利用イメージ -
 統合POINT管理の「 eSCOFIーPointBK」
   日本はPoint発行天国と言われあらゆる場面でPointが溢れておりますが、大半が有効活用されてない現状であると認識しております。そこで信用力のある銀行が主体になり、顧客目線で各種Pointの有効活用策及び新規ビジネス開拓を検討、提携先の各種Pointを仮想通貨に変換・管理するPointバンキングサービスを提供することにより、現金化や各種支払いに活用出来るようになります。結果的に顧客はPointの活用先拡大、提携先はPoint価値向上と利用促進、金融機関様は新規ビジネスと新規顧客の開拓が期待出来るビジネスモデルになります。
- 概要イメージ -
その他
   上記以外にも海外のFinTech情報収集や調査を進めており、今後も適宜情報を追加して参りますので、ご期待下さい。